フルボ酸、および種々の状態の処置におけるその使用

Abstract

(57)【要約】 フルボ酸、その塩、エステルまたは誘導体を有効成分として含む医薬組成物を開示する。本発明組成物は、ヒトまたは動物の状態を処置するために経口または局所投与することが好ましい。その状態は、たとえば炎症、アクネ、湿疹、または細菌もしくは真菌もしくはウイルス感染症である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (7)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      CN-1097990-AFebruary 01, 1995康宏盛, 常瑞和一种治疗股癣的药物
      DE-2850685-A1June 04, 1980Kneer Franz XColloidal mud bath or paste material prodn. - by composting mixt. of clarified sludge and natural carbon source
      JP-H04235107-AAugust 24, 1992Natl Energ CouncilBactericidal and antibacterial agent
      JP-H0466508-AMarch 02, 1992Suntory LtdFungicidal agent
      JP-H0687752-AMarch 29, 1994Kyowa Kagaku Kogyo Kk, 協和化学工業株式会社抗菌水及びこの抗菌水の製造方法
      JP-H1017483-AJanuary 20, 1998Keinzu Corp:Kk, 株式会社ケインズコーポレーションPreventing and therapeutic agent for dermatopathy
      WO-9749288-A1December 31, 1997Organocure (Proprietary) Limited, Baverstock, Michael, George, DouglasMethod of treating a plant disease

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (4)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2017160149-ASeptember 14, 2017株式会社スタイルアンドバリュージャパン, Style & Value Japan Inc美容組成物
      JP-6120342-B1April 26, 2017株式会社スタイルアンドバリュージャパン美容組成物
      WO-2006092908-A1September 08, 2006University Of Tsukubaフルボ酸を用いるi型アレルギー抑制剤及びi型アレルギーの発症抑制方法。
      WO-2017154912-A1September 14, 2017株式会社スタイルアンドバリュージャパン美容組成物