Abstract

本発明の目的は、材料から抽出物を生成することであり、本発明は、抽出溶媒を加熱する工程と、加熱可能なローラー上で原材料から予備に抽出を行う工程と、原材料に抽出溶媒を含浸させる工程と、抽出を行う工程とを包含する、抽出方法に関する。原材料への含浸および原材料からの抽出は、サイクルによって、真空パルス方式で行われ、サイクルは、ガス状熱媒体を使用した加熱と、段階的かつ多様な圧力低下による高速真空パルス作用を確保する方式における真空の発生と、引き続いて、混合物の温度が安定するまでの同じ真空下の継続と、抽出チャンバへの加熱されたガス状熱媒体の搬送を包含するサイクルの終了時における真空の解除とを包含する。装置は、循環スクリュー注入ユニットと、抽出溶媒タンクと、加熱可能なローラーと、共に接続されたデフレグメーターおよび抽出物回収器と接続された、一つまたは二つの抽出器とを含み、受液器が真空ポンプに接続され、気泡発生器が抽出器のより低い位置に取り付けられ、ガス状熱媒体を搬送するためにシステムと接続され、真空ポンプを含む追加的な受液器が第一の受液器と並列に取り付けられ、抽出器の入口に接続される。技術的な結果は、抽出される物質の生産量およびそれらの品質の増加である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2005193114-AJuly 21, 2005Shinryo Corp, 株式会社新菱植物中の重金属の抽出方法
      JP-2007222159-ASeptember 06, 2007Frontier Engineering Co Ltd, 株式会社フロンティアエンジニアリング抽出装置および抽出方法
      JP-2007291054-ANovember 08, 2007Hirose Fuminori, Yasufumi Nakatsubo, 康文 中坪, 廣瀬 文則Tannin extract solution, tannin powder, heavy metal complex therewith, and method for producing the same
      JP-2008043840-AFebruary 28, 2008Tetsuro Asao, 哲朗 浅尾有効成分の抽出方法
      JP-H01159004-AJune 22, 1989Niigata Eng Co LtdSolid extracting
      JP-S61141901-AJune 28, 1986Mitsuo Sohgoh Kenkyusho KkVariable pressure treatment of substance

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle